FC2ブログ










【ご注意】古いパソコンの廃棄 ハードディスクのデータの削除


★スポンサードリンク★


パソコンの買い替えで、古いパソコンを安易に廃棄していませんか?


新しいパソコンに買い替える際に、古いパソコンの処分をどうしよう・・・。

大半の方は、そのまま買ったお店で引き取ってもらうのではないでしょうか?


ではその古いパソコンはどこにいくのでしょうか?

結論から言うと、リサイクルセンターや中古パソコン買取業者に販売されます。

状態がよければ中古パソコンとして売られますし、バラバラにされて部品や金属として海外に売られたり国内でも転売されます。


もしハードディスク内にデータが残ったままだと、その情報を読み取り個人情報が流出する可能性があります。


「私のパソコンはそんなに重要なものはないわ、メールアドレスと住所録ぐらい・・・」


そう思っている方は危険です。

メールアドレスも住所録も立派な個人情報です。

しかも自分ではなく知り合いの情報ですよね。


それらの個人情報は貴重な「リスト」として、欲しい業者に売られます。


・子供の入学や卒業にあわせて、学習塾などのDMが届く

・成人を迎える子どもに合わせて振袖やスーツのDMが届く

・そろそろお墓・・・と考えていたら、なぜかそんなDMが届く


そういうこと、ありませんか?

どこからか、そいういうリストが流れているのです。

現代ではある程度仕方のないことかもしれませんが、ご自身のパソコンに入った情報が見知らぬ誰かに抜き取られて、それがリストとして世の中に出回っていたら、気持ち悪いですよね。

しかも他人に迷惑かけてるわけです。


※重要

パソコンのデータを削除してゴミ箱に入れて、ごみ箱を空にしてもデータは完全に消えていません。
リカバリーでもデータは残ることがあります。



必ずしも、廃棄パソコンがそうなるわけではありませんが、可能性はありますので正しい知識をもって処分しましょう。






【ハードディスクのデータにアクセスできなようにする方法】

1)専門のソフトを使って削除する

ハードディスクに書き込まれたデータは削除では消えません。

削除は一見すると「削除」されたように、見えなくするだけですから、抜き出そうと思えば簡単に抜き出せます。(状況により抜き出せない場合もある)

削除専用ソフトでは、ハードディスクに別のデータを何度も上書きすることで、元のデータにアクセスしずらくさせます。

有料、無料のものがありますが、無料のものは、専門知識が必要など操作が難しいことがあります。
有料のものでも、初めての方には難しいと感じるかもしれません。

国内メーカーのパソコンの場合、この機能が組み込まれている場合もありますので、調べてみるとよいでしょう。


2)物理的に破壊する

データの入ったディスクを分解して取り出し、物理的にドリルなどで穴をあけて破壊します。

確実で簡単ですが、分解してハードディスクを抜き出すのが大変だと思います。



いずれにしても、個人で処理するにはちょっと(いや、かなり)面倒なことだと思います。

古いパソコンの処分は安易にせず、しかるべき業者に依頼しましょう。

ちなみに弊社でも、買い替えをご依頼いただいた方には古いパソコンの処分をお引き受けしております。
もちろんデータは適切な方法で消去いたします。

パソコンの処分だけ依頼されたい場合は、以下のような専門業者に依頼されることをお薦めします。















関連記事



大阪府ランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊中情報へ
にほんブログ村



★スポンサードリンク★
[ 2015/09/29 14:08 ] 情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinopcs.blog73.fc2.com/tb.php/516-da729f76